現在の納期

27日【火曜】

までに出荷します

韓国のお葬式①


ある日突然やってくるお葬式

年を重ねるにつれて親しい人の死に接する機会が多くなるのは、人間の逃れられない運命です。その別れの儀式を映画やドラマで目にすることはあっても、実際に韓国で体験したことはないという人も多いのではないでしょうか。韓国のお葬式は、葬儀専門の式場や、病院地下に設けられた葬儀場で行なわれることが多く、期間もお通夜・告別式を中心に2日間行なわれる日本に対して、韓国では3日間行なわれるなど、日本とは多少異なります。韓国の葬式の流れや参列する際の注意点などをご紹介します。

3日葬とは

韓国の葬式は大半の場合、故人の死後3日間にわたって「3日葬(サミルチャン)」が行なわれます。3日3晩、喪主や故人の家族は葬儀場で弔問客を迎え、食事をふるまいます。一般的な3日葬の手順についてご紹介します。

  • 1日目
  • 臨終となれば新しい服に着替えさせ、白い布や布団をかぶせます。遺影の両脇にロウソクを立てて、お香を焚きます。喪中や忌中と書いた紙を自宅の門や入り口に貼ったり、謹弔と書いた提灯を門の前に吊るします。故人の友人・知人・同僚など故人と交友関係があった人に知らせます。葬式に関する連絡・案内・弔客録・死亡申告・埋葬許可申告・喪費の出納記録などを担当する人を決めます。

  • 2日目
  • 死身を綺麗に洗い、寿衣(スイ)を着せます。故人の口に水にふやかした生米を入れます。亡くなって24時間過ぎれば、棺に安置します。この時、死体が動かないように回りに白い紙や麻布を入れ、 故人の信仰によっては数珠・十字架・聖書を入れたりもします。 棺の前に屏風を立て、その前に黒いリボンをかけた故人の写真を置き、その両側にロウソクを立てお香を焚きます。喪服を着用し、故人の配偶者・直系子女・8親等以内の親族まで正装し、弔問客を迎えます。喪主は、黒のスーツに喪章を腕に巻くのが一般的ですが、昔は麻布の喪服にずきんをかぶり胸や頭に麻布で作ったリボンをつけていました。

  • 3日目
  • 簡単な祭祀(チェサ)と告別式をし、棺を家から運び出しますが、棺を運ぶ時は頭から出なければなりません。火葬の場合は、埋葬地まで葬儀車で棺を運び、墓穴に棺を下ろします。喪主は棺の上に土を3回ふりかけた後、平たく土をならし、土を盛り上げてお墓を作ります。お墓の前に霊座を設け簡素なお供えをし祭祀をした後、家に帰り、魂を家に迎える祭祀を行ないます。

  • 葬式後
  • 葬式の3日後、お墓の前にお供えをして祭祀を行ない、最後に喪服を脱いで葬儀を終えます。故人が父母・祖父母・配偶者の場合、100日後に脱喪祭(タルサンジェ)を行ないますが、49日目に行なう人も多いです。

韓国人は土葬を好む!?

韓国では昔から「風水地理」という土地の気運を重視する学問が発達していたため、気運のいいところに家を建てたり、墓地を決めたりすると事業が成功し、子孫が繁栄すると信じられてきました。また、儒教精神の強く残る韓国では、火葬を身体の毀損行為とする儒教の教えもあり、墓地への埋葬が好まれていました。そのため土葬が主流であった韓国ですが、人口増加による土地不足で墓地に対する考え方が変化しました。近年は、土葬ではなく火葬を行ない、先祖代々の土地ではなく、納骨堂や霊園に納めたりする家庭が増えています。

参列の有無

日本のお葬式は比較的故人と関係が近い場合のみ参列しますが、韓国では「悲しいときこそ、そばにいてあげたい」と思う心情からか、友人や知人の親戚といった、自分とつながりが薄い人のお葬式にも参列することがあります。例えば、会社の同僚の親・兄弟が亡くなった場合は、葬式に参列します。しかし、それ以外の祖父母や親戚が亡くなった場合は、参列の有無は関係性によって異なり、香典だけを渡しても構いません。また、遠方で葬式が行なわれる場合は、主催者側で手配された貸切バスに乗っていくこともあります。

参列の日・時間帯

3日葬の場合は、2日目にお通夜・3日目に告別式が行なわれます。2日葬の場合は、1日目がお通夜・2日目が告別式になります。葬式場には、各自が可能な時間に訪れることができ、親族が24時間待機しているため、夜中や夜明けに訪れることも可能です。日本同様、故人と関係が深い場合はお通夜・告別式ともに出席します。

服装

弔問客は、通夜の場合は服装にこだわらないため地味な色目の普段着でも構いません。告別式は黒のスーツやスカートを着用するのが望ましいでしょう。もちろんアクセサリーは厳禁です。昔は、男性は白または黒のパジチョゴリにトゥルマギ(韓国固有の外套)、白い靴下とゴムシン(ゴム靴)を身につけ、女性は、白のチマチョゴリに白い靴下とゴム靴でした。

賭儀金(プウィグム・香典)

香典袋は別途購入して、事前に準備することがマナーです。ただし、葬儀場に準備されている白い封筒を使用してもマナー違反にはなりません。封筒の準備がされているか不安な場合は文房具店やコンビニでも購入できます。封筒の表に「賻儀(プウィ)」と縦に記載し、封筒の後ろに名前のみ記入します。香典の相場は3万ウォン、親しければ5万~10万ウォンと様々です。

コラボなら「喪中はがき」を簡単にお作りいただけます。
まずは無料会員登録をして試作を作成してみてください。
お試し印刷まで一切料金はかかりません。

新規会員登録

現在の納期

27日【火曜】

までに出荷します