現在の納期

1026日【火曜】

までに出荷します

ペットの喪中はがき


ペットを現在飼っている方、またこれまでに飼ったことのある方。 ペットを飼う方が増えるにつれて、最近では単なる愛玩動物というより、家族や友人など、生活における大切なパートナーとしての意味合いが強くなってきているように感じます。 動物と暮らしていく際、避けて通ることのできないのが「ペットの死」という問題です。 大抵の場合、やはり人間より寿命が短いペットの方が早くに亡くなってしまいます。それまで、家族同然としていた大切なペットですので、亡くなってしまった時の悲しみは相当なものだと思います。そうなった時に、最近たまに耳にするのが、「ペット喪中」です。近親者の場合と同様に、ペットの死を喪中はがきでご連絡するというものです。しかし、喪中はがきは一般的に近親者の死を知らせるものですので、「一体どなたが亡くなったのだろう・・・」と思って見たら、実は亡くなったのがペットだった場合、はがきを受け取られた側は少し戸惑われる事もあると思います。また、ペットに喪中はがきを出すことについて違和感や、不快に感じたりする人も少なくはありません。 喪中はがきとは、親類縁者の不幸の際に出す挨拶状であり、慣習的に定着している為、概ね誰もがそのことについて了解していると考えてよいと思います。しかし、ペットの喪中はがきとなると、それまでの慣習から見て必ずしも一般的ではないようです。なので、多くの方からの了解を得られるとは考えにくのが現状です。はがきを出す場合は相手を選ぶ、仕事関係は控えるなどの配慮をすることが大切だと思われます。相手がペットを飼っていない場合はなおさら了解を得られる事は難しいでしょう。

そもそも喪に服するというのは、中国の儒教の教えから来ているもので、儒教では、子どもが親に対する忠節である「孝」を第一義としています。本来は親が死んだことに対して喪に服するわけであり、 これが拡大解釈して祖父母や配偶者、子どもなど肉親が死んだ時も適用されています。家族同然に可愛がっていたペットが死んで悲しくても、 喪中葉書を出すなどはあまり意味を理解してもらえないかもしれません。喪中とはもともと、「死の穢れを外に持ち出さないため、外部への接触は極力避ける」という意味や、「故人を悼みお祝い事は慎む」などといった意味がありますので、たとえペットであっても家族同然であることにはかわりはないと思います。ペットの喪中はがきを送るという事についても間違ってはいないような気もしますし、何よりペットであってもお祝い事をする気分にならないのであれば、それは喪中でもよいのではないかとも思います。また、ペットの喪中はがきを出すこと自体が、飼い主の心のケアにつながるとの見方もあるようです。ペットの喪中はがきを出す際には、できるだけはがきを出す相手の心情も考慮し、自分たち同様ペットを家族として考えている人、またはこちらの悲しい心情を理解してくれる方に出した方が、心安らかに亡くなったペットの冥福を祈ることができるかもしれません。

「喪中症」ってご存知ですか?人間に「ペットロス症候群」というのがあるのと同様、ペットにも「喪中症」というのがあるそうです。飼い主を失ったペットが死別の悲しみを乗り越えられずに、異常な行動を取る病気だそうです。ひどい例では食事を取らなくて餓死する場合もあるとか。それとは逆に、飼い主がペットを喪った悲しみを乗り越えられずに、深い喪失感から日常生活に支障をきたすほどになるのが「ペットロス症候群」と言います。喪中はがきを準備しようとしているみなさんの家庭にはペットを飼っていらっしゃった方も多いと思います。ペットは「喪中症」にかかっていませんか?元気をなくして食欲も失せ、最悪の場合は衰弱死してしまうケースもあるそうです。どこかに飼い主がいるはずだと家出してしまうペットもいるようです。映画**ハチ公物語**毎日駅まで通ったハチ公はきっと「喪中症」だったんでしょうね。本当に見ているだけで涙してしまいました。猫も「喪中症」にかかるみたいです。猫は、食事から身の回りのすべての世話を自分の気にいった人間にさせるそうで、そのお気に入りの人間がいなくなったら死んだ方がましだと思うようです。愛するペットの「喪中症」の悲しみを少しでも和らげるため、人間に出来ることは何なのでしょうか。やはり急がずにゆっくり時間をかけて愛情を注いであげることが一番大切なのかもしれません。自分が可愛がっていたペットが亡くなったなった時は、喪中になるんでしょうか?喪中はがきは、近親者に不幸があった場合に出す年賀欠礼の挨拶状です。でも喪中の範囲って人間だけではないんです。親族が亡くなったとき同様に、ペットの喪中はがきを出す人が増えているそうです。ペットロス症候群にかかる人も多いので、年賀状を出す気にならないのもわかりますね。

コラボなら「喪中はがき」を簡単にお作りいただけます。
まずは無料会員登録をして試作を作成してみてください。
お試し印刷まで一切料金はかかりません。

新規会員登録

現在の納期

1026日【火曜】

までに出荷します